「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

認知症の運動療法

c0123401_22402995.jpg

適度な運動は脳血流の増加に加え脳由来神経成長因子の増加、シナプスの再構築などを起こす。また運動の影響は海馬だけでなく大脳皮質、大脳辺縁系、小脳などにも及ぶ。ではどのような運動がよいのだろうか? 認知症に限らず1日20分程度、少し汗ばむ程度の早足で歩く強度が中程度の運動がよい。これは普段の通勤・通学にエスカレータやエレベータを使わず早足で歩けばそれで良い! そう、ヒトは動くようにできているのだ。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-28 22:40 | 未分類 | Comments(0)

おすすめサイト

今日はある会合で銀座東京クリニックの福田一典先生とご一緒した。福田先生のホームページは生化学や植物化学などがわかりやすく整理されていておすすめ。温厚なお人柄だか身のこなしがフツーじゃないと思った。ぬぁんと熊本大学ボクシング部主将だったらしい。あなどれない(汗)。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-26 22:54 | @椰子葉 | Comments(0)

量子医学と植物療法

c0123401_13221015.jpg

物質とエネルギーと情報は相互変換可能です。植物療法は教科書的には相補代替療法の分類で生化学的療法(物質の医学)に入るがうなぎとタレとご飯のように三位一体なんだから他の二つにも当然、作用するわけです(うなぎかよ)。 で、エネルギーや情報(意識)に対して正面きってエネルギーや情報でアプローチするより物質(植物化学成分)で物質(身体)に働きかける、つまりは遠回りして働きかけるというのが安全だし時間はかかるが確率が高い(と、ワタシは思う)。目に見えないものは危ないから。神仏を尊び神仏に頼まず(宮本むなし梅田店)。量子医学系の本は数式とか出てきて消化不良に陥るが本書は著者が物理学者なのに読みやすい。たぶん本気で伝えたいんでしょうね。「意識情報エネルギー医学〜スピリチュアル健康学への道」奥健夫著 エンタープライズ (グリーンフラスコでは取り扱っていません)
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-26 13:22 | @椰子葉 | Comments(0)

灯台もと暗し

大きな声では言えないが来年になるが遂に橘の精油を発売する。 本物の橘の精油なんてあるの? あるんです。悪いけどハッキシ言ってわが社は本物しかやりませんから。で、橘に関する情報を探しまくっているわけですがぬぁんと神奈川県に橘樹(たちばな)神社というのがあるんだと。で、神奈川のどこかと思ったらぬぁんと(ダブル)椰子葉の最寄り駅である東急線梶ケ谷駅から「たちばな散歩道」つーのがあってその終点が橘樹神社なんだって。どんだけ〜〜。。。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-25 17:04 | @椰子葉 | Comments(1)

ハーバリズムとは?

12月4日(日)は大岡山のハーブストーリーさんでハーバリズムについてお話します。ハーバリズム=ハーブ+イズム(主義)ですな。昔、衣川湍水先生というスゴイお医者さんがフレジャから「ハーバリズムのすすめ」という本を書いています。ところでこのセミナー、赤坂溜池クリニックの降矢英成先生も一緒に講演されるとか。降矢さんとは同い年で仲良くしてますが、今となっては彼はぬぁんと帯津先生のあとを受けて日本ホリスティック医学協会の会長さん。ま、単なるおやじギャグ研究家ですけど。彼は双子なんです。もうひとりは理成さん。なのに英成さんの方が理科系に行っちゃったの。ま、いーけど。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-23 10:07 | @椰子葉 | Comments(0)

西新井大師(總持寺)

c0123401_14484894.jpg

下町では空海(弘法大師)はお大師さんの名で親しまれております。そして西新井大師は「関東の高野山」とも呼ばれております。空海は留学中に土木・建築だけでなく薬学も学んでおります。薬剤師・薬学関係者にとっても学ぶべきこと多し。来年早々に空海由来の精油を発売するため空海に導かれた旅はまだまだ続くのでございます。ええハナシや。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-22 14:48 | 未分類 | Comments(0)

c0123401_9324787.jpg

著者デイヴィッド・ランサムはフェア・トレードが形骸化したりブランド化するのを防ぐものがひとつあると指摘する。それは生産者との「直の個人的つながり」であり、重要なことは「産品や製品」とではなく「生産者」とフェア・トレードの道のりを共にすることだという。貿易の向こうにいる具体的なひとと出会いその当事者の声を聞き、自立支援を水平な関係性のもとで築いていけるかどうかがフェア・トレードに関わろうとする物には問われている。〜 「フェア・トレードとは何か」デイヴィッド・ランサム著 市橋秀夫訳 青土社 (グリーンフラスコでは扱っていません。)
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-22 09:32 | @椰子葉 | Comments(0)

集合的一般常識

どこかで読んだか聞いた記憶があるが昨日のホリ協のシンポでも天外伺朗さん@アイボが話していたので書く。米国ではピストルで撃たれても脳や心臓など急所をやられない限り死なないが日本では死んでしまうのだそうだ。被弾=死という強烈なイメージがインプリントされてるんだな。太陽に吠えろの見すぎか。これはホントに怖いハナシだ。がん=死も刷り込まれている。だから医者に余命何ヵ月なんて言われても真に受けない方がよい。医療従事者やセラピストは自分の言葉に注意深くなければいけない。脅しによって支配するような輩もいるから治療者選びは慎重に!
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-21 13:53 | 未分類 | Comments(0)

ジャムウ講習会

バリ好きの椰子葉としてはジャムウははずせません。バリの治療師は代々、秘密の処方をぬぁんと小刀で木化した椰子の葉(ロンタル)に刻んで伝承してきました。椰子の葉=椰子葉です。ええハナシや。で、11月27日(日)はインドネシアハーブ・ジャムウ教室。お話はジャムウの魅力に魅せられ現地留学してジャムウを学んだ保健師の杉野好美さん。四国在住なのでなかなかお話は聞けません。統合ヘルスの見本は伝統医療にあり!
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-20 09:22 | @椰子葉 | Comments(0)

サイキック

さっきじゅあんさんからお電話をいただいた。最近はこういう世の中なので全員がサイキックなんだそうだ。大事なことはそうした能力が何のために与えられたのかを知り、その力を現実世界にいかに生かすのかということだとか。人生80年といってもあちらの時間ではぬぁんとたったの8分。あちらの世界にいったら地位や名声、資産などは評価項目からはずれ、現実世界をどのように生きてきたかが問われるのだとか。生きてるうちはこちらの世界の課題や勉強をしっかりこなすことが大切です。ええハナシやなぁ〜。
[PR]
by yashihaJournal | 2016-11-19 23:23 | 未分類 | Comments(0)