「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

12月14日(月)にバロンにて認知症サポーター養成講座を行います。受講料は無料で予約制(ただし世田谷区在住・在勤の方に限られます。)講師はあんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)の職員の方にお願いします。修了したかたには受講の証としてオレンジリングが進呈されます。(前々回に受講して椰子葉もいただきました!) お早めにお申し込みください。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-30 22:51 | @椰子葉 | Comments(0)

イナリンは何位か?

c0123401_12183197.jpg

浜松出身のもとグリーンフラスコのウスダミホ@本業はミュージシャンから家康くんがグランプリになったと連絡があった。ところでイナリンは何位なんだろか。。検索しても出てこない。。家康くんが組織票だとの噂があるがワタシの調査では電通が仕掛けてるのではなく家康くん自らが戦国大名に投票を指示してるらしい。都市伝説。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-30 12:18 | 未分類 | Comments(0)

医療大麻の真実

c0123401_2285354.jpg

医療大麻については「誤解を受けるからブログとかに書くのはやめた方がいいですよ」などと皆さんからアドバイスをもらうことが多いのですがハーブに関わるものが発言しないことには始まらないので書くわけです。ちょっとまじめに書きますが法治国家に住む以上は法律を守るのが義務ですが法律がおかしな場合は「おかしいじゃないか?」と声をあげるのも義務だと思います。でないと法の精神というものが死んでしまう。また保守というコンセプトは「人間は間違うものだ」という歴史認識や人間観に立脚します。その際に懐疑の対象は法そのものにも及びます。なぜ日本の保守系といわれる政治家や政党がこの問題をタブー化し、スルーするのか。 ところで椰子葉ブログの読者はワイル博士のファンが多いのですが1979年に京都地方裁判所で開かれた大麻取締法違反事件でワイル博士は「ヘロインやモルヒネ、アルコールは身体依存がみられるが大麻には身体依存は生じない。」「アルコールはひとを攻撃的にさせ暴力犯罪を引き起こすが大麻は人々の攻撃性を低下させる。」「普通の医薬品
と比較しても大麻の安全性は高い」と証言しています。著者の福田一典先生は国立がんセンターなどでの研究歴をもつ医師で現在、銀座東京クリニック院長。 *なお本書は自由が丘店および通信発売で入手可能です。「医療大麻の真実」福田一典 明窓出版¥2376
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-28 22:08 | 未分類 | Comments(0)

タイツではなくタイツー

タイツーについて質問をいただきました。tie2(タイツー)とは血管上皮に存在する酵素で毛細血管の若さを保つ働きがあり、内容物の溶出を防ぐため「血管の接着剤」に例えられます。具体的にはむくみやたるみを防ぐため大手化粧品会社さんなども研究しています。このtie2を活性化させるハーブとしてはエゾウコギサンニン(月桃)が知られています。夕方、ふくらはぎがむくんだりしびれるかたは作用メカニズムが異なる黒ブドウ葉とブレンドして用いるとよいでしょう。脚の浮腫にはサイプレス精油ジュニパー精油を用いて求心性のソフトなフットマッサージを行い脚をやや高くして寝るとさらに効果的です。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-26 23:13 | @椰子葉 | Comments(0)

西洋医学の5つの流派

c0123401_15205593.jpg

ウツミン@反精神医学の核弾頭と真弓先生@小児科領域の水戸黄門の対談本がヒカルランド@トンデモ本の殿堂から発刊されました。真弓先生「そもそも西洋医学には18世紀の半ば頃には5つの流派があったわけですね。ナチュロパシー(自然療法)、ホメオパシー(同種療法)、サイコパシー(心理療法)、オステオパシー(整骨療法)、アロパシー(薬物療法)で、一番難しいのがホメオパシーなんです。」 ウツミン「病気じゃないのにホメオパシーを使うって観念は、僕は相当おかしいと思うんです。」 「医者だけが知っている本当の話」真弓定夫/内海聡 ヒカルランド¥1620 *グリーンフラスコでは取り扱っていません。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-25 15:20 | 未分類 | Comments(0)

GF埼玉エキナセア

そろそろエキナセアの季節です。エキナセアは北米の先住民が伝えたハーブで現在では主に風邪などの上気道感染症や膀胱炎などの泌尿器系感染症、それに難治性創傷(治りにくい傷)に用いられます。グリーンフラスコの埼玉エキナセアはエキナセアの葉を一枚一枚丁寧に手摘みで収穫後に緑茶の製茶工場のラインに乗せて緑茶と同じ行程で製品化しています。(完成品の外見が緑茶そっくりなのはそのためです。)北米先住民もビックリの埼玉エキナセア。この冬、ぜひお試しください。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-24 10:08 | @椰子葉 | Comments(0)

ちゃんと聞いてる宇宙人

昨日はソフィアでサイエンスライター兼僧侶兼スーパー公務員の高野誠鮮さんの講演会。自由が丘店のお隣で打ち上げ会。稲葉俊郎先生@東大循環器内科やランディさん@マアジナルも。セミナーで高野さんに「宇宙人に仏性はあるか?」と質問したら「ある」とのお答え。高野さんのカバンには宇宙人関係(笑)のフロッピーが入っていたが全面開示は来年4月以後とのこと。しかし世の中不思議というか考えられないことがあるもんだ。椰子葉ブログもさすがに守りに入る情けなさ。。でもおしゃべりだって宇宙人はみんな聞いてるんだろーな。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-22 11:31 | 未分類 | Comments(0)

GFペパーミント精油

昔はミントといえば英国ミッチャム地方が有名でしたが現在では米国オレゴン産がメジャーです。グリーンフラスコのペパーミント精油はオレゴン産、洗練された透き通るような香りが人気の秘密です。ミントマニアのなかにはオレゴン産ペパーミントと北海道滝上産の和薄荷を気分によって使い分けるという強者もいます。香りのパワーは滝上産、繊細さではオレゴン産に軍配が上がります。ところでペパーミント精油は頭痛や筋肉痛などに鎮痛の目的で用いられますがこの際にペパーミント精油に筑後樟脳の精油をブレンドすると鎮痛作用が増強されます。これはメントールとカンファーの作用メカニズムが異なるため。ぜひ皆さんも使ってみて単品モノとブレンドモノとの使用感の違いを報告してください。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-21 21:30 | @椰子葉 | Comments(2)

調香オルガンの調べ

c0123401_1373161.jpg

1857年にPiesseが発案した音階ならぬ「香階」というコンセプト。 150年以上の時を経て本日、調香オルガンの調べが恵比寿ガーデンホールに響き渡りました! 企画/TASKO/Invisible Designs Lab/ 某ジャーナルのT会長や嗅覚シグナル研究のT教授など重鎮のお顔もチラホラ。(写真はリハ風景)
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-21 01:37 | 未分類 | Comments(0)

シンボリズムのセミナー

あさっての日曜日13時15分から大井町で開催されるReafy さん主催のレジンのワークショップでシンポリズム(特徴表示説)のハナシをします。クルミは脳に似ているから脳に良いってやつです。自由が丘から大井町線で1本なので時間があるかたは是非どうぞ。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-11-20 21:55 | 未分類 | Comments(0)