脳の機能

理研が認知症は記憶がなくなるのではなく記憶を引き出すことができなくなっていることを示唆する研究を発表した。ま、たぶんそーでしょ。で、膨大な記憶はどこに貯金しておくのかというと椰子葉は脳の外(おいおい)…つまり想念の場みたいのがあって、その一部は集合的無意識みたいに他者と共有してるんじゃないかと思う。マンションや釣り船の乗り合い船みたいなもんだな。(ちがうだろ) それはともかくアンジェリカ(西洋トウキ)の根ココナッツオイルは好評です。苦いものは脳に気合いを入れるのと体の熱を取るので記憶力だけでなく夏バテにもよいと思います。和薄荷ペパーミントとブレンドしてもよいです。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-29 08:46 | @椰子葉 | Comments(1)

林の新刊のお知らせ

南山堂さんから林の新刊「臨床で活かせるアロマ&ハーブ療法」が発刊されます。自由ヶ丘店に並ぶのは6月9日。日本でハーブ療法を普及させるために今回のは臨床医向けに書いたものですがハーブやアロマに関わっている方にはぜひ読んでいただきたいと思います。巻末にハーブ48種、精油12種のモノグラフを付けました。 監修は今西二郎先生にお願いしています。巨大グローバル企業amazonで買わないで小規模ニッチなグリーンフラスコで買ってください。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-25 20:18 | @椰子葉 | Comments(0)

オキシトシン

今日はソフィアで山口創先生の講演があった。オキシトシンの話とは別に山口先生が取り組んでいる健康心理学や身体心理学の話が面白かった。医療も予防にシフトしているのだから心理学も健康心理学がでてきて当然だと思うが山口先生によると米国で取り組みがあるくらいで「まだまだ」とのこと。山口先生は身体→こころとこころ→身体の両方のアプローチができてしかもクライアントをきちんと支えられるようなセラピストを育てていきたいとのこと。終わったあとみんなでT'sレストランに行き、担々麺食べたらオキシトシンがでた。それでいい。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-24 21:45 | 未分類 | Comments(0)

クローズアップ大量処方

昨日、NHKのクローズアップ現代で高齢者の大量処方の問題をレポートしていた。相互作用のチェックも減薬も大事だがそもそもはじめっから薬を出しすぎることが問題。もちろん必要な場合もあるが「高齢者の生活機能の低下に果たしてクスリが必要なのか?!」という根本的なところから議論をスタートしてもらいたい。それから番組で取り上げられていなかった問題点をひとつ。通常、残薬は捨てられる。野ざらしで雨にあたれば土に浸み込み地下水へ…。環境面からも残薬の問題は深刻なのだ。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-20 08:13 | 未分類 | Comments(0)

スペシャリテハーブ

スペシャリテコーヒーがあるんならスペシャリテハーブもやればいい。椰子葉農園の2015カップオブエクセレンス受賞ジャーマンカモミールとか…。 審査員が「まるでジャーマンカモミールのフレーバーそのものだ!」とか「ジャーマンカモミールを思わせる青リンゴの香り!」とか誉め称えんの。 (バカにしてるんじゃないってば…)
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-18 23:25 | @椰子葉 | Comments(0)

国産ハーブのセミナー

6月12日(金)にショップで「国産ハーブの効用とここだけの話」というテーマでお話します。北海道エゾウコギ西伊豆レモングラスなど最新情報含め定員6名で1時間。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-18 17:22 | @椰子葉 | Comments(0)

フレジャでセミナー

フレジャの津野田会長から電話があり、なんだと思ったら「香りトワ・エ・モアセミナー」で講演して欲しいと。ワタシは「香りトワ・エ・モアセミナー」って言葉の発する響きに恐れおののき「滅相もございませんお奉行さまっ!」と言いそうになったがフレジャにはお世話になっているので「どんなテーマでお話すればいいのですか?」と聞いた。そしたら業界がマンネリなので「なんでもいいから辛口のことをしゃべってくれ」と。辛口ったって日本酒じゃないんだからさー。まぁお役にたてればということでお引き受けしました。アロマトピアに連載させてもらっている「もの申す!」のライブ版かな…。テーマは未定ですが7月17日(金)15時〜香りの図書館にて。辛口が好きなひと、ご参加ください。詳細が決まったらまたアップしますね。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-16 20:35 | @椰子葉 | Comments(0)

ウツミンがあと2〜3年で戦争が起きそうだと書いてたが椰子葉はあと2年以内と感じている。「強い国」とかならまだいいのだが「美しい国」などと美学的になるとかなり危ない。しまいには「美しい戦争」とか言い出しそうである。ところでロハスな雑誌とか読んでるひとに考えて欲しいのだが「食品添加物と戦争はどっちが危ないか」「農薬と戦争はどっちが危ないか」「携帯から出る電磁波と戦争はどっちが危ないか」「シャンプーの経皮毒と戦争はどっちが危ないか」…。菅原文太さんは「政治の役割は国民を飢えさせないことと戦争をしないこと」といったそうだが名言だなー。美しい言葉!
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-15 20:16 | 未分類 | Comments(0)

お勧めセミナー

7月12日(日)14時〜日本フィトセラピー協会主催のセミナーがソフィアビル(グリーンフラスコが入居しているビルの4階)で開催されます。 テーマは「未来の医療の中に植物たちがどう関わっていくのか?」 、講師には東大病院の稲葉俊郎先生をお迎えします。諸事情により稲葉先生のお話を直にお聞きできる機会は少なくなりそうなのでこの機会にぜひご参加ください。 お申し込みは日本フィトセラピー協会まで。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-15 18:22 | @椰子葉 | Comments(0)

薬剤師の本来の仕事

昨日は東邦で薬剤師の卒後教育講座を担当したが、ハナシのなかで「薬剤師も将来はアブナイ」と言ったら反発を受けるどころか意外とうなづくひとが多かった。 今朝の新聞で事務員さんに調剤をやらせている薬局のことがでてたがその理由が「薬剤師1人を雇うより事務員2人雇ったほうが人件費が安く済む」。ま、命に関わることだけに薬剤師以外の調剤はダメだけど。で、全国の薬剤師を敵に回すことを言いますが薬剤師の時給、高すぎますよ。もう免許の紙ぺら1枚で意味不明の高給取る時代は終わったんですよ! ワタシが言いたいのは薬剤師の時給や給与を下げろというのではなく高給にふさわしい内容の仕事をしろということ。それはなにかというと薬を袋に入れたり粉くすりをマゼマゼすることではなく処方した医師と患者さんの間で薬の専門家として客観的な立場で処方を監査すること。抗菌薬の使いすぎも抗うつ薬の使いすぎも高齢者の多剤大量処方も薬剤師がしっかり責任を果たしてないからメチャクチャになってんですよ。白衣着て「センセイ」とか呼ばれて勘違いしてるとアブ
ナイです。
[PR]
by yashihaJournal | 2015-05-11 13:18 | 未分類 | Comments(4)