<   2014年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ペポかぼちゃ

ハロウィンと言えばかぼちゃです。フィトセラピーでペポかぼちゃのタネは頻尿や尿漏れ、過敏膀胱に用いられます。タネにはビタミンEやビタミンEと相性が抜群のセレン、フィトステロールなどが詰まっています。ソウパルメット(ノコギリヤシ)は基本的に男性が用いますがペポかぼちゃは男性も女性も使えます。普通のかぼちゃのタネでも効果は望めると思います。天日干しして煎るとか…ですね。冬の備えにぴったりです。ハーブティーではシソ科のクミスクチンがお勧め。腎気を高め生命力を呼び覚まします。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-30 14:53 | @椰子葉 | Comments(0)

カフェイン濃度

コーヒー豆は深く煎るとカフェインが昇華して減ります。ではマテ茶はグリーンタイプよりローストタイプの方がカフェインが少ないかというとコーヒー豆ほど強くは煎らないのでほとんど変わらないようです。コーヒーだと胃がもたれるひともマテ茶なら飲めることが多いのでぜひ試してください。カルシウムや鉄はマテ茶の方が格段に多く含みます。これからの季節はローストタイプを濃く淹れてミルクを加えたマテ茶ミルクがお勧めです!感想をお寄せください。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-30 12:20 | @椰子葉 | Comments(0)

ずるい表示

「砂糖不使用」と書いてあり、よぉ〜く見ると原料に「果糖ぶどう糖液糖」を使ってるなんていう飲料や食品があります。確かにウソではない。しかし砂糖よりぶどう糖の方が吸収がいいわけだからインスリンを分泌するすい臓の負担はこちらの方が大きいわけだ。ワタシなんかこういう飲料を飲むとすい臓が「助けてぇ〜」とか「勘弁してぇ〜」と叫ぶ声が聞こえます。(ほんとかよ…) これからの世の中、勉強しないと騙されます。イヤな世の中だけど生きてくには自己防衛しないと仕方ない。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-29 19:42 | 未分類 | Comments(0)

やはししんいちろう

c0123401_19175162.jpg

とある会報誌から原稿依頼があり今日、校正原稿があがってきた。ぬぁんと椰子葉のプロフィールが「やはししんいちろう」になっていた! いやぁ〜世の中は動いているんだなぁ〜。いつまでも「椰子葉」で通用すると思っていた自分が恥ずかしい…。明日から初心にかえって「やはししんいちろう」で生きていきます。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-28 19:17 | 未分類 | Comments(0)

北海道エリアの皆様!

11月1日のアロマの日in札幌に札幌の古川先生が主宰するハーバルムーンさんが出展します。グリーンフラスコの商品が並びますので手にとってご覧ください。古川先生がご自身のブログに商品のことを書いてくださったのでそちらもご覧ください。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-27 13:01 | @椰子葉 | Comments(0)

九州エリアの皆様!

12月12日に福岡の坂井先生の主催でアクロス福岡にてセミナーを開催します。今回のテーマは「生化学」と「更年期の植物療法」。特に生化学は勉強のための勉強では面白くないのでハーブや精油の機能と絡めたハナシができれば良いと思っています。ま、個人的には天神パルコの地下のお寿司やさんの炙りサーモンとアラのお味噌汁が楽しみなのですが…。てなわけでみなさん、お集まりください。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-27 12:55 | @椰子葉 | Comments(0)

熊井明子先生の新刊

c0123401_2232564.jpg

熊井明子先生から新刊を頂戴した。実は椰子葉はぬぁんと熊井明子ポプリの会の講座に通ったことがある。熊井先生は最近、ニューモイストポプリを提案されている。これは5感を刺激する新しいコンセプトのポプリ。認知症予防などにとても良いのではないかと思う。玉川高島屋での講座は続けていらっしゃるとのこと。香りはもちろんのこと映画や文学、旅の思い出など盛り沢山の一冊です。 「香りの力〜心のアロマテラピー」熊井明子著 春秋社 ¥1800+税 *本書はグリーンフラスコでは扱っておりません。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-25 22:32 | 未分類 | Comments(0)

J-aromaマイスター養成講座の第4期の募集がスタートしました。国産精油10種類をマニアックに学習します。密度の濃いコミュニケーションを想定して少人数制にしています。ありがたいことに北海道から九州まで全国から参加していただいてます。すぐ満員になるのでお早めにお申し込みください。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-25 18:40 | @椰子葉 | Comments(0)

中世ドイツ薬草学

c0123401_1254321.jpg

聖ヒルデガルトの治療学」(フレグランスジャーナル社)の著者でありヒルデガルト医学の復権に貢献したヘルツカ博士とシュトレーロフ博士は本書で次のように述べています。〜 今日、多くの人々にとって科学は宗教のようなものなっているのでハーブの有効性について正確な科学的証明を求めることは不可欠です。今日の正しい科学的知識の多くが明日は間違えであったという現実にも関わらず「科学的に証明された」というレッテルは製薬業界の薬の販売促進活動、そして多くの医師の薬の使用の根拠となっています。特定の臨床研究により立証されたいわゆる客観的な臨床試験の結果は残念なことに「純粋科学」だけでなくお金や権力も関わる問題でもあります。そして「オピニオンリーダー」と言われるひとはこれらの結果を触れ回るのです。〜 ドイツよ、お前もか! *本書はグリーンフラスコでも取り扱っています。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-25 12:05 | @椰子葉 | Comments(0)

流れ星

昔、深夜放送で流れてたハックルベリー・フィンの「流れ星」って名曲ですよね…。2度と聴けないと思ってたらネットで聴けるんですよ。で、ハックルベリー・フィンのお一人はぬぁんと奥沢病院の院長さんだったんですね。なんて多芸なかたなんでしょう。でも57歳で亡くなるなんてほんとに残念です。みなさんもぜひ聴いてみてください。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-10-24 08:49 | @椰子葉 | Comments(0)