「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

5月12日 (月)〜看護の日に自由が丘店で椰子葉と保健師の今とでナイチンゲールのお話会をします。ナイチンゲールについてはワタシは3年ほど前まで誤解していて要するに「熱いひと」「愛情が深いひと」かと思っていたのですが実はそれだけでなくて統計学を駆使して自説の正しさを実証して当時の医療を改革するなど「クールなひと」「現実的なひと」でもあったんです。それともうひとつ彼女がスゴイのは「その行為が看護なのか看護でないのか」「それは良い看護なのかダメな看護なのか」という基準をわかりやすい言葉でキチンと明らかにしたことです。各種のセラピーにも「看護的視点」は大切だと思うのですが(というよりそれが全てですよね)アロマにしろ何にしろそこを教育してないですよね。セラピーをめぐる様々な混乱のもとはここに問題があるのだと思います。評価の基準を持たないということは勘違いが入り込む危険性があるということです。「病人がつらいのは病気そのものではなく生活のつらさ」なんて盲点ですよね。すごいっ…スゴすぎるぜナイチンゲール!(単なる
熱いヒト)
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-30 13:35 | @椰子葉 | Comments(0)

茶亭羽當

こないだ渋谷の茶亭羽當(チャテイハトウ)に初めて行ってきた。表参道の大坊などと並んで老舗ながらサードウェーブ派にも評価が高いので義務感(なんだそれっ)から行ってきた。(ヒマですねっ。) ここのコーヒーを飲んで人生変わったなんてひともいるのでもっと静かでピリピリした雰囲気かと思ったらフツーに喧騒でびっくり。たしかに居心地は良い。これは歴史と客層がなせる技だと思ったな。とは言っても特にクリエイター系が多いわけでもないみたい。藤沢の磯淵さんとこ(ディンブラさん)もそうだけど年月をかけるとまわるくなるというか…円熟味みたいなもんが出るんだな…これが。オールドビーンズの味わい。アンチエイジング大好きのイケイケ新自由主義@スタバへの対抗軸…なるほどサードウェーブでした。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-29 18:15 | 未分類 | Comments(0)

ケアラーケア

子供が親の介護をするなど一般的に無償で介護にあたるひとをケアラーといいます。病気の治療には医療保険が、要介護のご当人には介護保険がありますがケアラーに対してはその身体的、経済的負担を支える制度や枠組みがありません。英国などではそれを支える仕組みがうまく機能していますが我が国ではまだまだの状況です。グリーンフラスコでは5月30日に我が国初のケアラー支援を行っているNPO法人介護者サポートネットワークセンター「アラジン」の牧野史子理事長をお招きしてセミナーを開催します。

[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-29 14:38 | @椰子葉 | Comments(0)

週刊ポストを読もう!

c0123401_17222349.jpg

今、発売中の週刊ポスト5月2日号を立ち読みしましょう。(買ってもよい。) 「『血圧147は健康』で『病人1800万人減』のカラクリ」「中高年は『薬は5種類まで』にしろ」など。高齢者医療と共に多剤併用が頻繁なのが精神科領域。グリーンフラスコではこの問題に先鋭的(?)に取り組んでいる内海聡先生をお招きして5月13日(火)に特別セミナーを開催します。〜「社会問題化した向精神薬の多剤併用を考える集い」 講師内海聡先生(内科医) 主催グリーンフラスコ教育事業部 *このての問題はなかなか大手メディアは扱いません。なぜなら車と並んで製薬会社は巨大スポンサーですから…。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-26 17:22 | @椰子葉 | Comments(0)

スビリチュアルも有り

7月21日にホリスティック医学協会主催のセミナーでスピリチュアルヒーラー(!)の寺尾ふみ子さんと対談します。ホリ協から依頼が来たときはビックリしましたが実は寺尾さんとは面識があり即断でお引き受けしました。スピ系も嫌いじゃないし…。ま、慎重にヒトを選ばないとエライことになるけどね。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-25 12:50 | @椰子葉 | Comments(0)

アニマルハーブ

c0123401_0552856.jpg

今日は新御茶ノ水の連合会館でJAMHA主催のグレゴリー・ティルフォード先生によるアニマルハーブのセミナーがあった。(写真の一番上の集会も参加したかった…さすが連合会館!) 誠実なお人柄とときおりチラリとのぞくホリスティック獣医学の考え方が興味深かった。統合医学とホリスティック医学は似て非なるものである。ホリスティック医学もあまりトンデモ色が強いとついていけないがティルフォード先生はさすがにバランス良かったな。ティルフォード先生のベストセラー「ペットのためのハーブ大百科」はグリーンフラスコでも販売しています。ちなみにティルフォード先生にとって一番大事なハーブはダンディライオンだそうです。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-22 00:55 | @椰子葉 | Comments(2)

占星術とハーブ医学

c0123401_1144817.jpg

「昔の医学では占星術によって治療が行われていた。」というとトンデモと思われますが実は真実で長い医学の歴史を振り返ればつい最近まで占星術は医師になるための正規のカリキュラムに入っていました。本書の監訳は「業界の王子」こと鏡リュウジさん。昔、アントロの医師たちの自己治癒力を考える会という自主的勉強会に講師としてお招きしたことがあるのですがJAMHAのシンポでご一緒するのが楽しみです。グリーンフラスコでは心理占星術の大御所の岡本翔子先生の特別講座も企画しているのでそちらも是非ご参加ください。 「占星医術とハーブ学の世界」グレアム・トービン著 鏡リュウジ監訳 原書房 ¥4800+税 *グリーンフラスコで扱っています。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-18 11:44 | @椰子葉 | Comments(2)

合格だるま

c0123401_1611034.jpg

今年も東邦大学での植物療法学の講座が始まりました。カリキュラム内容はアロマトピア最新号をご覧ください。薬草園の管理を長年にわたってお願いしている青山さんが6月までなのでご挨拶に出向く。生薬学教室には巨大合格だるまが鎮座していた…。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-16 16:11 | 未分類 | Comments(0)

バロンの庭

c0123401_8335047.jpg

昨日、もとNHK「趣味の園芸〜やさいの時間」の木村正典先生の講座の実習で皆さんでバロンの庭に植えつけを行いました。「誰も入ろうとはしない荒れ果てた狭い庭でしたが今では野菜・果物・ハーブと盛り沢山の社員の生活を守る庭になりました。なんて素晴らしい庭でしょう…!」←ビフォー&アフターのナレーション。 今後もバロンの庭では木村正典先生をお招きしてのセミナーや夕涼み会など企画して参りますのでぜひご参加ください。なんて素晴らしいブログなんでしょう…。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-15 08:33 | @椰子葉 | Comments(0)

ゼラニウム

昨日の薬剤師部会でありす薬局の佐藤香先生に教えていただいたのだがドーピングの禁止リストにゼラニウムに含まれるメチルヘキサアミンが載っているとのこと。アロマセラピーで用いるゼラニウムの精油にその成分が含まれるのか、また含まれるとしたらゼラニウムの精油をどれくらい、あるいは検査の何時間前につかったらひっかかるのかなど詳しいことはわかりませんが悪気なく「うっかりトラブル」が起きるといけないので注意が必要ですね。うさぎさんと亀さんに教えてあげよっと…。
[PR]
by yashihaJournal | 2014-04-14 10:45 | 未分類 | Comments(0)