<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

心理占星術

今日は岡本翔子先生のセミナー〜ユングのタイプ論とミッドライフ・クライシス(中年期の危機)をバロンホールで開催した。そのあと岡本先生とカフェラミルで今後についてミーティング。今回は告知後2日ほどで満員になってしまったため来年に同じ内容のセミナーをお願いすることになった。(キャンセル待ちになったみなさまにお詫びします…) それから10月26日(土)の岡本先生の2014年版ムーンブックのセミナーは現在申し込み受付中です。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-30 00:02 | @椰子葉

ガムランのイベント

昨日はベーグルベーグルでオールトラリアに留学する姉貴の息子(バドミントンではなくテニス)とあったあとサイゼリア(千葉発、全国制覇)で奥立とミーティングをし、そのあとF&Fナチャラル&ビューティーで石原さんと立ち話。それから二子玉ライズでガムランの皆川厚一先生の奥様でアーティストの元子さんとミーティング。で、11月16日(土)に渋谷・光塾で久しぶりに皆川先生と椰子葉の対談イベント「祈りの音、治癒の香り」をやることにしました。詳細未定ですが予定空けといてください。たぶん13時くらいから。バリ島伝統芸能の影絵芝居ワヤンの伴奏曲グンデルワヤンの演奏もあります!
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-29 10:26 | @椰子葉

英国ハーブ医学講座

「はじめての英国ハーブ医学」というオンライン講座の締め切りが迫っています。コンテンツは椰子葉の大学の後輩の石丸が作っています。彼女は薬剤師ですがグリーンフラスコに勤務したあと英国ハーブ医学校に留学してメディカルハーバリストの資格を得ました。帰国後、現在は奄美大島に在住してハーブ作りに励んでます。英国はドイツとはまた違ったハーブの捉え方があります。ハーブ製剤の力に頼るというよりハーバリストの力が大きいって感じ。なにしろ王室が相補代替療法を支援するお国柄ですからね。ハーバリストに限らずセラピストは得ることが多いと思います。全2回配信のコンパクトな作りですが別に本格的なコースもあります。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-27 10:13 | @椰子葉

国際有機農業映画祭

c0123401_17241396.jpg

国際有機農業映画祭2013は11月23日(土)24日(日)法政大学市ヶ谷キャンパスにて。「福島 六ヶ所 未来への伝言」「食の選択」「GMO OMG 遺伝子組み換え?なんだそれ?」など上映あり。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-24 17:24 | @椰子葉

向精神薬について

内海聡さんという医師をご存知ですか?精神科薬物治療の問題点を著書やブログ、講演会などで厳しく論じています。本人曰く「HP上で世界一叩かれている医者」(笑)。言動は過激ですが減薬や断薬専門のクリニックを自ら立ち上げるところなど「本気」であることは確かなようです。もう少し穏健な表現をすれば理解者も増えるのではと思いますが余計なお世話ですね。興味がある方は彼のブログ「キチガイ医の素人的処方箋」をご覧ください。閲覧注意(笑)。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-22 22:16 | @椰子葉

週間中小企業

「社長っ…売上がどんどん落ちてます。。」「大丈夫、アンダーコントロールだ。」「月末に返さなきゃいけない借金が返済できませんっ。」「そうか…倍返しだなっ!」 第一幕 完。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-21 01:50 | @椰子葉

秋の椰子葉

岡本翔子先生の9月29日のセミナーが満員でキャンセル待ちになってしまってすみません。さっき岡本先生からメールもらったけど伊勢丹のビューティーアポセカリーでのセミナーも一瞬で満員になっちゃったそうです。ところでこの秋、椰子葉はJ-aromaJ-herbの開発も兼ねて福岡(10月6日)札幌(11月3日と4日)で講演します。いつも通信販売でグリーンフラスコの商品を使っていただいている皆様にぜひご挨拶したいと思っていますのでよろしくお願いします。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-20 12:46 | @椰子葉

3文字検定 その1

さて問題です。クエン酸回路で生成するATPとは何のことでしょう? ①使い捨てカイロ ②アデノシン3リン酸 ③AKB48の妹グループ
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-19 12:03 | @椰子葉

試験管と疫学

試験管の実験と生きた細胞を使った実験はどっちが真実に近いかというと後者だと思うでしょ。では細胞を使った実験とヒトの疫学研究では? なんとなく白衣着た科学者がやる研究の方が疫学より信頼できそうでしょ。だから疫学研究に対しては「メカニズムを明らかにしろ」とか「直接的な証拠を示せ」とか始まるわけ。これは日本の常識ですが世界の非常識なんです。世界では直接的証拠イコール疫学研究なの。こういうのを科学哲学といいます。欧米では理科系ならどの学部でも最初に教えますが日本ではカリキュラムにありません。米国には日本に比べて圧倒的に疫学や統計学の専門家がいます。大人と赤ちゃんの戦いみたいなもんです。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-19 09:43 | @椰子葉

聖ヒルデガルト

本日はヒルデガルト・フォン・ビンゲンの命日です。お好きなハーブティーを飲んで「緑の力(viriditas)」を感じましょう。次回のヒルデガルトの植物を学ぶ会は早いものでクリスマス会。11月15日(金)19時よりソフィアホールにて。どなたでも参加できます。グリーンフラスコではヒルデガルト関連の書籍を多数取り揃えております。
[PR]
by yashihaJournal | 2013-09-17 14:39 | @椰子葉