<   2011年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

国産白樺茶新発売

お待たせのJ-herb北海道白樺ですが自由が丘店、通販ともに12日発売です。ネトルと同じ解毒・抗アレルギー・利尿系のハーブですがネトルより飲みやすく美容茶としてもおすすめです。春先の花粉症対策として今から飲み始めるとよいと思います。GFの白樺化粧水の原料の白樺樹液を採取している北海道美深の白樺です。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-31 18:19 | @椰子葉

動物バッチ

c0123401_18404292.jpg

バッチのシンポジウムで仙台に来ています。獣医師の千田先生にお聞きしたら動物行動学もここ5年くらいで大きく進歩したので動物バッチもより的確な処方が可能になったとのこと。一方今回のシンポジウムのテーマとなった災害現場でのバッチではトリートメントボトルでの処方が衛生上の問題でできないケースがあったなど現場からの貴重な報告がありました。帰りにアポなしで仙台ロフトのアロマ売り場を訪問。2Fの奥です。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-30 18:40 | @椰子葉

岡本翔子さん

c0123401_18291568.jpg

今回のセミナーも50名があっという間に満員に。 占星術で椰子葉が興味があるのは個人の運勢とかではなくその時代や社会現象と星の配置との照応。夢と幻想の海王星は一回り168年。岡本さんが心理占星術を学んだ英国ではウィリアム・モリスのアート&クラフト運動の勃興期。だとするとこれからは新たなハーバルライフの時代かも?!(と淡い期待を抱く)
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-29 18:29 | @椰子葉

SOTOKOTO

c0123401_16314516.jpg

「健康系NPOスタッフに聞く心と体に関するオススメ本」というSOTOKOTOの企画の取材で3冊選ぶように言われました。椰子葉が選んだのは次の3冊。①バッチ博士の遺産(バッチホリスティック研究会刊)②ヘルシーエイジング(アンドルーワイル著角川書店)③臨床の知とは何か(中村雄二郎著岩波書店) なおはじめの2冊はグリーンフラスコでも扱っています。3冊目は帯津先生も読んでる良書でセラピストにもオススメです。健康系NPOスタッフ!(笑)
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-28 16:31 | @椰子葉

1日分の野菜

椰子葉は伊藤園の飲料をわりと評価している。(味や内容成分など。)だが「1日分の野菜」という名前の野菜ジュースは?である。厚労省が推奨する1日の野菜摂取目安量である350グラムの野菜をぎゅっと濃縮して仕上げたというふれこみ。これではこのジュース1本飲めば1日分の野菜がとれたと誤解されます。(それが狙い?)ご存知の通り野菜と野菜ジュースではとれる成分がまるでちがいます。そこのところを錯覚しないように気をつけましょう。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-28 00:41 | @椰子葉

混合診療裁判

予想通り最高裁の判決で患者さんが敗訴しましたね。椰子葉は全く納得がいきません。自由診療の部分も含めて全て保険でカバーしろというなら「ダメだ」ってのもわかるがそれは自費で払うといってるのに保険診療の部分も全部自分で払えってのは脅しかいやがらせでしょうが。医師会はずっと混合診療の禁止の解禁に反対してるけど患者さんのことなど考えてないんだね。薬剤師会もこの問題がらみでTPPに反対してるけど情けないねー。5人中4人の裁判官が現行制度に疑問をなげかけ改善を促す意見を述べたのがせめてもの救いでした。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-27 21:29 | @椰子葉

c0123401_16484621.jpg

南知多ホリスティックファームでスペアミントを収穫するS・Wさん。彼女はアロマセラピストですが南知多ホリスティックファームで働き、週末は二子玉のロフトや自由が丘のナチュラルビューティーF&Fでお客様にグリーンフラスコの商品の使い方や楽しみ方を伝えています。これって新しいライフスタイルかも? 南知多ホリスティックファームではハーブ農場のスタッフを募集しています。興味があるかたはグリーンフラスコ広報室の門間まで。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-27 16:48 | @椰子葉

グリーンゼミ

次回のグリーンゼミは11月19日(土)でグリーンフラスコ研究所研究員椎名佳代による米国取材報告会を開催します。内容は野生ハーブのフェアワイルド認証制度についてです。参加費1000円 協力:月刊SOTOKOTO
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-24 13:05 | @椰子葉

自然治癒その2

治癒を促すのはハーブだけではありません。好物を食べたり会いたかったひとに会えたりすると確実に治癒力は高まります。ところで何年か前に沖縄に薬草の調査に行ったときに現地のひとに教えてもらったのですが沖縄には「ぬちぐすい」という言葉があります。「命のクスリ」という意味だそうですが薬草などの自然のクスリ以外に嬉しいことやハッピーな体験も「ぬちぐすい」と言うのだそうです。ぬちぐすい‥いい言葉ですねー。あなたのぬちぐすいは何ですか?
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-24 12:39 | @椰子葉

自然治癒

「治癒」という言葉は「自ら治る」ことを意味します。治してもらったり治してあげたりすることではありません。この仕組みは傷の治り(創傷治癒といいます。)など以外はほとんどわかっていません。これがわかると医師や薬剤師が失業するからです。(冗談ですって) で、「心の傷」って言葉がありますが心の傷は目に見えないから厄介です。でもカラダに治癒力があるならココロにもあるはずですよね。それを研究したほうが結局は医療費削減になりますよ。おそらくハーブはカラダの傷もココロの傷も治りを早めるはずです。ハーブの他にも治癒を促すものはあります。(つづく)
[PR]
by yashihaJournal | 2011-10-23 14:04 | @椰子葉