「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

九州ミントの新茶

昨日、奥八女黒木で九州ミントの初収穫をし、乾燥機に入れ、できあがった220グラムを新幹線で持ち帰りました。葉っぱ1枚づつ手摘みしてます。今季ものは大雪など風雪に耐えたぶん、さらに生命力を秘めています。販売は連休後になりますがお楽しみに。次回の収穫は6月になると思います。早いハナシが早いもの勝ちです。鮮度はどこにも負けません。なにしろ国産を「のぞみ」で運んでますから(笑)。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-30 00:00 | @椰子葉 | Comments(4)

国産カンファー

c0123401_0331183.jpg

精油の中にはその魅力や実力が過少評価されているもの、あるいは誤解されているものが少なくありません。カンファー(樟脳)もそのひとつ。実は今朝、国内で唯一カンファー精油の蒸留を行っている久留米の内野さんをお尋ねしました。わが国の精油の蒸留の歴史において和薄荷と共に避けて通ることができない樟脳。J-aromaのラインに加わることは必然と言えるでしょう。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-29 00:33 | @椰子葉 | Comments(1)

美味リゾット

木田椿こと木田先生が福岡出張の折りには必ず出没するという渡辺通りの難しい名前のピザ屋さんに行きました。キノコのリゾットが美味しかった。で、いつもはソラリアに泊まるのですが今夜はグランド。同じ西鉄系列ですがこちらのがちと高い分、ゆったりとした時間が流れます。ただし今回は19:00IN→10:00OUT のお約束プランで¥7500 ゆったりとしていられません。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-27 01:57 | @椰子葉 | Comments(2)

東アフリカ産精油展示会

JETRO主催で東アフリカ産精油の展示会が27(水)・28日(木)にアーク森ビルで開催されます。来場者には「東アフリカオイル図鑑」がプレゼントされるとか。あそこの中庭の滝はマイナスイオン(とんでも科学用語)たっぷりで気持ち良いので是非お出かけください。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-25 09:03 | @椰子葉 | Comments(2)

いい天気ですね。

昨日のアースデー田中優さんのスピーチがあったみたいだけど講演で行けなかった。どなたか参加しましたか?彼には一度グリーンフラスコでも講演していただいたことがあります。彼を紹介してくれた元自由が丘店店長の八林素子さんはスウェーデンから帰国後、この春から下川町のNPO森の生活で 働くことになりました。それから昨日YouTubeで孫さんの話を聞きました。いろんな考え方があると思いますが自分の意思や考え方を表明するのは勇気がいることです。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-25 08:27 | @椰子葉 | Comments(1)

福岡行き

さっき福岡での講座をお知らせしましたが今月27日にも天神の重松ビルで生化学の講座があります。植物療法を学ぶうえで植物化学と生化学はとても大事です。できるだけわかりやすいお話をしたいと思っています。それから噂に聞いているおいしいピザ屋さんに行こうと思ってます。生化学とピザ屋さんには何の関係もありません。そりゃそうだ。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-23 23:08 | @椰子葉 | Comments(3)

緑の薬箱を救え!

次回の「緑の薬箱を救え!」プロジェクトの会合は5月24日(火)の夜バロンホールです。(協力:SOTOKOTO)なおグリーンレターVol.2はグリーンフラスコ自由が丘店で配布しています。それから椰子葉は6月6日(月)にアクロス福岡でセミナーをやります。J-aroma(国産精油)とハーブティーがテーマです。新しい内容なので東京の方も是非。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-23 09:18 | @椰子葉 | Comments(0)

活動発表会

6月26日(日)のJAMHAのシンポジウムの日に活動発表会があり、発表される方を募集しています。内容は必ずしも学術的である必要はなく会員であればどなたでも参加できます。たとえば「こんなグループを作ってこんな活動をしている。」など。詳しくは会報誌15号P35をご覧ください。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-23 08:07 | @椰子葉 | Comments(0)

どこまでが自然か?

最近、野菜や果物など食品の機能性が明らかになるにつれて特定の成分だけをバイオテクノロジーで増やして機能性を高めるような試みが目立つようになってきた。マーケティング的には「高付加価値化」。「精密農業」なんて言葉も出てきた。こーゆー流れってのはワタシはどーかと思うんだ。自然の中で育ったフツーの野菜をフツーに食べるのが一番健康に良いと思うんだ。たぶん。政治も医農連携なんて言ってるけど農が主導すべきです。これは安全保障にも関係して食品があればとりあえず食べて生きていけるけどクスリは食べらんないからね。非栄養素だから(笑)。ハナシが大きくなっちゃったけどあんましいじくり回さないで自然のままの世の中がいーよね。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-21 22:31 | 未分類 | Comments(2)

プラシーボ

c0123401_054474.jpg

政府の?な発表に「安全基準値を超えても『ただちに影響はない』と強調することは論理的な一貫性に欠け信用されにくい」などと指摘しているのが広瀬弘忠前・東京女子大教授。彼はプラシーボに関する本も書いていてグリーンフラスコのオンライン講座「統合医療における植物療法」の課題図書にもなっています。CAMを論じる上でプラシーボは避けて通ることができないテーマなので是非読んでみてください。(グリーンフラスコでは販売しておりません。)「心の潜在力プラシーボ効果」朝日選書679 \1155

※現在、出版社にも在庫がありません。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-04-21 00:54 | @椰子葉 | Comments(0)