<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10月18日

青学会館でバッチホリスティック研究会のシンポジウム。
与えられたテーマが「バッチフラワーレメディーとスピリチュアリティー」だったのでいつもと勝手がちがったものの、久しぶりに上野圭一さんにお会いし、楽しいひとときだった。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-20 11:00 | @椰子葉 | Comments(2)

10月13日

ノーベル賞をもらうことで「世界で認められた」と大喜びするのはもうやめた方が良い。
西洋的価値というのは究極のところ悪い細胞や悪い遺伝子、悪い民族や悪い国を力でねじふせるというものなのだから。
「早くしないと排出権取引に乗り遅れる。」というようなバカな思考もやめた方が良い。あれは次のバブルを起こすための「仕込み」だから。賭場でまきあげられて泣きたくないなら賭場なんかに出入りしないことです。
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-14 10:58 | @椰子葉 | Comments(0)

10月12日

瀬田店の時代からお客様の高橋永順さんの花に魅せられた35年の歩みをまとめた新刊「永順」の出版記念パーティー。永順さんの写真に写っているのはまちがいなく「花」なのだが、感じているのは「光と空気」のような気がする。
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-14 10:57 | @椰子葉 | Comments(0)

10月11日

自由が丘店の店長だった八林さんから少し前にメールをもらった。再びスウェーデンに留学中で、エコメディスンのブロガーのアキコさんとは電車で5時間ほど離れているのでなかなか会えないとのこと。環境面だけでなく社会面、医療面でもこれから北欧の情報は重要です。
→アキコ・フリッドのスウェーデンライフ
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-12 10:54 | @椰子葉 | Comments(0)

10月9日

アマナクニ発行の「名前のない新聞」2008年9月号にヒッピームーブメントの生き字引の山田ポンさんのインタビューが載っている。「カウンターカルチャーは商業主義の食いものにされ、メインカルチャーとして毒抜き大量生産されて消費文明のゴミを作ってきた。」とのこと。そうか。毒入りとは別に毒抜きってのもあるんだ。

カムネットで上野圭一さんと辻信一さんの対談「スローライフ・スローメディスン」が11月15日(土)に予定されている。こいつははずせないぜっ。
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-09 11:16 | @椰子葉 | Comments(1)

10月6日

「植物を植えよ!」「植物と人間」「鎮守の森」の宮脇昭先生がご来店。
J-aroma精油の原植物である青森ヒバ木曽ヒノキなどの森は潜在自然植生の森ではない。そのことをお話すると「その分、ストレスに耐えているということだからセラピーでは役に立つのでは・・・?」という温かいお言葉。やはり本物はちがう!
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-07 13:52 | @椰子葉 | Comments(0)

10月5日

「地デジ」とかで、まだ使えるTVが5000万台も廃棄されるらしい。エコロジーとか言っていながら何を考えているのだろう。地デジ化に伴う巨大な環境への負荷と地デジ化でのメリットをきちんと比較したのだろうか。メディアというのはハードもソフトもその程度のものなのだろうか。マクルーハンの Media is message という言葉が皮肉に聞こえる。
[PR]
by yashihajournal | 2008-10-07 13:22 | @椰子葉 | Comments(0)