米国サプリ2016ベスト5

米国コンシューマーラボの発表によると、ぬぁんと日本ではマイナーなビタミンDが第1位! 2位からオメガ3、コエンザイムQ10、マルチビタミン、プロバイオティクスの順。ビタミンDは前年4位、プロバイオティクスは前年8位から大躍進。コンシューマーラボのトッド・クーパーマン博士によると「話題性を反映している。ビタミンDは様々な効果が明らかになったほか、プロバイオティクスは免疫や腸の機能などが話題になったため」とのこと。ちなみにグリーンフラスコのおすすめはフードネイチャーというブランド。栄養素単体ではなくホールフードの考えに基づいて製剤設計されています。その辺で売ってるものより高価ですが試してもらうと違いがわかると思います。
[PR]
by yashihaJournal | 2017-01-05 11:38 | @椰子葉 | Comments(0)