乳香〜バビロンの記憶

c0123401_1614897.jpg

いま自由が丘店では乳香(フランキンセンス)の特集をやってます。バビロンでは太陽神ラーに向けて正午になると街中で乳香を焚いたとか。人々は天に向かって立ちのぼる煙を通して神に願いを伝え、神からは予言や預言が届けられました。パフューム(香水)の語源は「煙を通して」。香りと宗教はとても近い関係にあります。
[PR]
by yashihaJournal | 2011-11-05 16:14 | @椰子葉