「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

林真一郎が統合医療の最先端を独自の視点でレポートします。

by yashihaJournal
c0123401_18123274.jpg

c0123401_18123258.jpg

おととい、昨日と浜名湖にほど近い曹洞宗西見禅寺に行って参りました。詳細未定ですが10月28〜29日に「生命(いのち)のデトックス〜名刹参禅体験ツアー」を企画します。世界的に著名な禅寺に宿泊し、坐禅を組んでご老師より説話を頂戴します。 またとない機会ですのでぜひご参加ください。詳細が決まり次第、アップしてお知らせします。
[PR]
# by yashihaJournal | 2016-08-30 18:12 | @椰子葉 | Comments(0)

CAMの図書館

昨日はは内海聡先生@うつみんの東京DDクリニックでアロマのセミナーを担当した。クリニックの横にNPO法人薬害研究センターのセミナールームがあり、そこに健康関連の書籍がたくさんあって閲覧できるようになっている。入場料の500円が必要なのだが最新刊もありゼッタイお得。九段下のフレグランスジャーナル社の上階にある「香りの図書館」も有用スポット。館長は森林アロマの谷田貝先生。伊東にあるサザンクロスリゾート&スパには大規模なCAM(補完代替療法)関連書籍の図書館がある。今は亡きオーナーの遺志によるものでグリーンフラスコからも植物療法関連の書籍を寄贈させていただいた。館長は伊東在住の上野圭一さん。そう言えば故大槻真一郎先生の貴重な、本当に貴重な蔵書がアロマ環境協会に寄贈されたはず。会員のために活用することが先生の遺志に添うものも思うがいかがなものか?
[PR]
# by yashihaJournal | 2016-08-28 12:40 | @椰子葉 | Comments(4)

トンデモン

椰子葉は堀江貴文さんの本をよく読む。斬新な発想と明確なビジョンがあり読んでいて元気が湧く。そのホリエモンがいよいよ予防医療にも進出ということで大いに期待したのだが中身を調べたらぬぁんとピロリ菌退治の推進運動。その関連HPを見たら「胃がんの99%はピロリ菌が原因」とか。ちがうでしょ。胃がんのひとの99%にピロリ菌が存在したってのが真実でそれは原因ではなく結果、あるいはせいぜい「原因のひとつ」です。ちなみに日本人はふたりにひとりがピロリ菌陽性です。さらには「胃がんは感染症です。」ってホントですか?! 運動のメンバーはピロリ菌村の医師や医学生。きっと背景にはお決まりの製薬会社や広告代理店でしょ。医療に関してはあのホリエモンにしていまだに細菌病理説。トンデモン。
[PR]
# by yashihaJournal | 2016-08-28 07:45 | 未分類 | Comments(1)

難民支援

グリーンフラスコのショップとバロンホールに設置してある難民支援の募金箱の募金はNPO難民支援協会に寄付し、支援活動に役立てられています。その難民支援協会(東京・石川えり代表理事)がこの度、沖縄平和賞を受賞しました。選考理由は「多文化共生社会の実現のための相互扶助の精神」とか。
[PR]
# by yashihaJournal | 2016-08-26 11:38 | @椰子葉 | Comments(0)

免疫療法の未来

昨日はプルミエールクリニックのスタッフさん向けのセミナーを担当した。星野先生は出張中だったが彼のお姉さん@宝塚出身から新刊を頂戴した。抗PD-1抗体はたしかに著効を示すことがある一方で管理をキチンとしないといけないとのこと。 それを差し引いてもがん治療に与えた影響は大きいようで、たしかに今まで「がんの免疫療法」というと医学界主流派には負のイメージ(まゆつば・金儲け!)が強く、否定を通り越して軽蔑の眼差しがあったことは事実。「免疫新薬の登場により抗がん剤を勧めることが後々責任を問われる時代になったと考えられます。逆に免疫治療を勧めないことが将来、『こんなに評価される治療であったのになぜ勧めてくれなかったのか』と責められる時代が到来したと思います。主流であった抗がん剤信仰から大きく舵取りを取る必要があり、時代的な圧力が高まっています。」とは彼の弁。有害反応の管理や超高額な薬価など課題はあるもののPD-1抗体が世の中に与えたインパクトは大きい。
[PR]
# by yashihaJournal | 2016-08-26 09:21 | @椰子葉 | Comments(0)